朝からお腹もココロも満足する一食|グラノーラで栄養補給

悩む人が増加

手を温める人

冷えは万病のもと

冷え症に悩む人は少なくありません。そして冷え症は誰でも経験しているからといって放置すると危険なのです。単純に体が冷えるだけではなく、万病のもとになることもあるのです。人間の体の体温は一定に保たれてています。これが狂うことで様々な病気を引き起こす可能性があるのです。冷え症の要因は様々です。自律神経の乱れや衣類に関係するもの、そして血行不良が要因となるもの、筋肉に影響するもの、そして生活環境の乱れです。現代社会ではどれも当てはまりやすいため、特に女性を中心に冷え症になりやすくなっているのです。冷え性は単に温めるだけでは一次しのぎにしかなりません。生活環境など根本的な改善を行わないと常に悩まされるのです。

血行不良と自律神経の乱れ

特に自律神経の乱れと血行不良が要因となるものが多くなっています。自律神経は内臓の状態を自動的に調節してくれる重要な役目を持っています。体温の調整も司っているのです。しかしこれが乱れることで正しく体温調整をできなくなります。結果、内臓や末端が冷えを感じるようになり冷え性を引き起こすのです。自律神経はストレスや生活環境で乱れやすくなってます。また温度環境の変化が大きいと自律神経は狂いやすいため、外と室内の温度環境が大きい夏場には特に注意が必要になります。そしてもう一つが血行不良です。血液の流れが滞ると末端が冷えやすくなります。オフィスワークなど体を動かさない状態が継続するとなりやすいため適度な運動が重要になります。