朝からお腹もココロも満足する一食|グラノーラで栄養補給

目を大切にするために

目の疲れ

油断をすれば失明

眼精疲労は、現代で感じている人は多くいます。その理由は、パソコンやスマートフォンを使用する時間が多くなり、画面を見ることに集中して瞬きをする回数が少なくなってきていることが原因の1つと考えられています。瞬きの回数が減ってしまうと目が乾きやすくなり、潤いを失って疲れやすく感じてしまうのです。眼精疲労は油断をしていると、ひどくなれば失明する可能性もあるといわれているため気をつけなければなりません。それでも仕事や学業でパソコンやスマートフォンを必要とする人は多く、目を酷使してしまうのも仕方のないことと思っていることがあります。そのような人はせめて眼精疲労を予防できるように、目に良い成分を与えることが良い方法となります。

目に良いとされる成分

眼精疲労に良い成分でよく知られているのが、ブルーベリーに含まれるアントシアニンです。しかしアントシアニンは摂取してから24時間で効果が切れてしまいます。ほかに眼精疲労に効果のある成分はないのか、実はほかにもいろいろとあります。緑黄色野菜に含まれるルテインや、鮭やイクラに含まれるアスタキサンチン、そのほか魚に含まれるDHAなどが良いといわれています。アントシアニンやDHAはサプリメントとして販売されるようになってきていますし、アスタキサンチンは最近注目されている成分で健康ドリンクやヨーグルトドリンクに配合されている商品も販売されています。目を使う時間が増えてきた時代でもあるので、目に良い成分は積極的に取り入れることが良い方法です。